間違った自己処理の危険性について

脱毛をする際、すべてを自己処理で行っているという人はもしかすると知らず知らずのうちに肌に多大なダメージを与えているかもしれません。というのも、ムダ毛を自己処理する場合、多くのケースで毛抜きやカミソリを使用していくことになります。カミソリや毛抜きを使用する際、慣れてくるとより綺麗に、肌に傷を作ることなくムダ毛を処理していくことができるようになりますが、実はこれが大きな間違いなのです。
というのも、カミソリや毛抜きを使うと、見た目には傷ができていなくても、肌表面の角質はボロボロに傷つけられた状態になっているのです。人によってはこの処理後に肌がひりひりひきつった感じがするという人もいるのではないでしょうか。実はこの症状、肌の表面が傷つき、乾燥してしまっている状態なのです。この状態を放置してしまうと、肌荒れや炎症を引き起こす危険性もあるため、できるだけ早急に対処していく必要があります。
対処の方法として今回紹介していきたいのは施術前後の十分な保湿ケアです。というのも、カミソリや毛抜きによる刺激を少しでも軽減していくためには、肌表面の角質層の状態をより良くしていく必要があるのです。そのためには保水を徹底して、肌本来が持つ皮膚のバリア機能を最大限に生かしていくのがベストです。
もちろん、肌への負担は最小限に抑えるのが一番なのですが、どうしても自己処理を続けていきたいという場合にはこの方法を参考にしてみてください。

コメントは受け付けていません。