通っている間注意すること

 

脱毛を安全に効果的に行うためにはサロンに通っている間にしてはいけないことがいくつかあります。
日焼けをしてしまうと肌のメラニンに照射した光が反応してしまいやけどの原因となったり、肌が乾燥して刺激に弱くなることもあるため脱毛中には日焼けをしないように十分注意しなければなりません。
日焼けの色の状態によっては施術を断られることもあります。
施術は毛周期に合わせて行う必要があるため途中で毛が生えてきたからといって毛抜きやワックスなどの自己処理で抜いてしまうと、光を照射してもその毛穴には反応しなくなってしまうため効果を得ることができなくなってしまいます。
脱毛サロンに通っている間に生えてきた毛はシェービングで対応する必要があります。
脱毛の施術当日には制汗剤を使用してしまうと、微粒子のパウダーが毛穴に入り込んでしまい光が毛穴に到達するのを妨げてしまい効果がでなくなります。
また予防接種を受けた場合には発熱や腫れが起こる恐れがあるため、施術を行うためには接種から1週間から1か月開ける必要があります。
その他薬を服用している人は医師への相談が必要になったり、生理中は肌が敏感になっているため施術不可のサロンもあります。

コメントは受け付けていません。