脱毛した当日に気をつけること

脱毛した当日は肌がダメージを受けているため気をつけたいことがあります。
施術後には毛穴が開いた状態になっているので、施術箇所には制汗剤や日焼け止め、メイクなどを使用しないようにします。
脱毛に使用するレーザーや光は軽いやけどのような状態を起こすため紫外線に当たらないようにすることが必要になるため、長袖の衣類や帽子などを使用して日焼け対策をします。
服は施術箇所に密着しないようにゆったりとしたものを選びます。
細菌感染を防ぐために入浴は避けますがシャワーを浴びることはできるため温度は熱すぎることがないように注意し、強くこすったりしないようにします。
汗が毛穴に入り込むと炎症を起こすことがあるので、できるだけ汗をかかないようにするために運動や飲酒をしないようにします。
薬の服用も思わぬ症状がでることもあるので、持病があり薬を飲み続けている場合は脱毛の前に医師に確認をとる必要があり、普段から飲んでいない場合は当日は飲まないようにします。
脱毛後の肌は乾燥しているためローションやクリームを使用して保湿ケアをして肌荒れを防ぐようにします。
肌にほてりや赤みがでている場合には保冷剤などを使用して冷やすようにします。

コメントは受け付けていません。